最近テレビで「チラコイドは満腹感を得られるからダイエットに最適」といったようなことを目にする機会が増えていますが、実は海外ではすでにダイエット成分としてとても有名なんです。

ダイエットに効果的な成分はたくさんありますが、その中でもチラコイドは特に効果が高いので、今までダイエットに調整ンしたけれど、意志が持たずにあきらめてしまった方は要チェックです。

チラコイドの効果

そもそもチラコイドとは、葉緑体の中にある袋状の組織のことです。葉緑体の中に存在していることもあり、ほうれん草に多く含まれています。では、その効果について解説していきます。

満腹感を抑える

チラコイドは食欲を押さえる働きを持っているため、ついつい食べ過ぎてしまうことを防止することに効果が期待できます。

実はチラコイドがブームになる前からその効果を実感されている方は多くいらっしゃいました。どんな方かというと、それはグリーンスムージーを飲まれていた方です。ほとんどのグリーンスムージーにはほうれん草が使用されているので、自然とその中のチラコイドも摂取していたというわけです。

だからコップ一杯分のグリーンスムージーを飲むと満腹感を感じやすかったというわけなんです。

チラコイドを摂取した方の食事量の変化

実際にチラコイドを摂取された方(28歳女性)の食料の変化を以下に紹介しています。

チラコイド摂取前(5/1~5/9)

チラコイドダイエット前
平均摂取カロリーは2400~2800カロリーです。

チラコイドダイエット後(6/1~6/9)

チラコイドダイエット後の効果
チラコイド摂取後は平均摂取カロリーが1500~1700カロリーにまで落ちています。約900~1100カロリー程度摂取量を抑えることに成功していることが分かります。
この女性がチラコイドを摂取して実感された内容は以下になります。

評価:

28歳 Sさん

チラコイドの粉末をスムージーのようにして飲んでいましたが、満腹感のおかげでとても食欲を抑えることにつながりました。

グリーンスムージーでもチラコイドは摂取できるのでは?

でもチラコイドってほうれん草に含まれているのなら、グリーンスムージーで大丈夫じゃな?と思われる方がいるかもしれません。確かにほうれん草を使用したグリーンスムージーならば、チラコイドが含まれていますが、たくさんの量が入っているのかというとそうでもありません。

効率よくチラコイドを摂取するならば、チラコイドだけを集めて粉末にした状態で飲むのが一番です。最近は、「※1チラコイド」「チラコル」といった健康食品が販売されていることもあり、チラコイドのみを多く摂取することが可能です。

※1.チラコイドという成分名と同じ商品名の「チラコイド」というものがあります。

チラコイドを摂取する時のコツ

食事の摂取量を減らしすぎない

なるべく短期間で痩せたい方にありがちなのが、あまりにも摂取量を減らしてしまうことです。確かにこのやり方ならすぐに体重が減りますが、続けられてもちょっとの間だけです。体に負担がかかってきついのですぐにもとの摂取量に戻ってしまいます。

しかも、過度な食事制限はリバウンドしやすい体質になってしまうため、デメリットしかありません。

食事メニューは栄養バランスを考慮

チラコイドでダイエットをするといっても、食事の栄養バランスが摂れていないと不健康になってしまうので気をつけましょう。ダイエット中には野菜不足で便秘になってしまい、代謝が低下してしまう方がいるので野菜は多く食べるようにすることです。

おすすめのチラコイド食品

1.チラコイド

チラコイド

チラコイドという成分名と同じ商品名ですが、とても人気が高いのが特徴です。108種類の酵素を配合しており、一日分のビタミン・食物繊維を摂取できるため健康的にダイエットを行うことができます。